未分類

心臓の若返り栄養素とは!?どんなものを食べれば良いの!?

投稿日:

最近は健康ブームでいろんなことを雑誌やテレビで聞いたり、見たりしませんか?その中でも日本人にとって身近でとてもいい食品があります。それは納豆です。納豆は日本のスーパーフードともいわれているくらい沢山の栄養素が入っています。その中の一つが納豆菌です。この菌が酵素の役割と重なり合って血行を良くしていきます。血行が良くなると心臓の負担を減らすことが出来るので老けない体や肌を手に入れることが出来ます。心臓の負担が減ると栄養素が豊富な血液を体全体に届けることが出来るので老けない体になるのです。またイソフラボンという成分が納豆には入っていてイソフラボンは女性ホルモンに似た働きをしてくれるので、女性らしい綺麗な肌や女性らしい綺麗な髪を作ることを手伝ってくれます。こういった要素から納豆はすぐに始められて栄養素豊富なのでオススメです。

心臓の血管を柔らかくしてくれる食べ物がある!?

心臓は1日10万回前後、鼓動を打っていると言われています。全身の組織に血液を送り込み、生物の核となる心臓の血管は、健康に保つことが特に大切になる部位となります。
血管は高血圧やコレステロール、中性脂肪などの異常によって、ダメージを受けています。ダメージを受けた血管はやがて伸縮性を失い、脆い状態である動脈硬化に繋がっていきます。
動脈硬化の進行を抑えるためにも、日々の生活習慣の中でも食事に気を遣うことはとても大事です。
減塩や水分補給は、血圧をコントロールすることに加え、血管を柔らかくする食べ物を習慣的に摂取することが望まれます。
血管を柔らかくする食べ物として代表的なものは、魚類です。
魚に含まれるn-3系脂肪酸は血管を詰まらせるプラークの原因となる悪玉コレステロールと中性脂肪を下げ、血中のコレステロールを肝臓に回収する働きを持つ善玉コレステロールを上げる効果が期待されています。
また、n-3系脂肪酸は抗酸化作用を持っているため、血管が錆びつくのを防ぐことによって血管を柔らかく保つのに効果的です。
n-3系脂肪酸は主に魚類の脂に含まれています。
そのほかにもアマニ油・えごま油、くるみなどに含まれています。
これらの食べ物を習慣的に摂取し、n-3系脂肪酸をしっかり摂って、心臓の血管を柔らかく保つための食生活の工夫ができると良いでしょう。

-未分類

Copyright© あなたの気になる健康情報まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.