島根県出雲市出雲大社 10月は全国の神様が集まり神有月と呼ばれています

島根県出雲市の中心に鎮座しております、島根県出雲市出雲大社へと行ってきました。
出雲駅から徒歩15分ほどです、出雲空港からは車で30分程のところにあります。

神々の集まるところ、そこが出雲大社なのです、しかし10月には全国の神様が、ここ出雲大社に集まるので、出雲では神有月(かみありつき)と言われており、ここは、縁組の後利益が有ると言われています。
出雲地方以外では10月は神無月(かんなづき)と言われていますね。
まさに全国の神様が出雲へと出かけていき神様がいなくなってしまうので神無月(かんなづき)と言われているのですね。
日本の神話の故郷としての出雲の国、そのことを実感できる建物には圧倒されるのです。そんな商店街も毎月5の付く日は五円の日となり、沢山のイベントが行われています。

丁度遷宮の時期でしたが有名な大しめ縄です。
この大きさは圧巻ですね・・・!一度はご自身の目で見られることをおススメします!!

私は北海道に住んでいますが、娘が近くにいるので、春のさくらを見るのと一緒に、出雲大社を見に行ったのです、北海道からフェリーを使い見たことのない景色を眺めながらとても楽しいドライブを楽しむことが出来ました。出雲と言えば何が何でも、出雲大社にお参りをせずには帰るわけには行きません、中々行くことのできない物を見ることが出来とても良かったです。

10月に神々がお泊りになるところにある日本国の国旗の大きさにビックリ

裏通りと桜です。

町全体が出雲大社の後利益を行けている様な、柔らかな雰囲気が漂っているようでした、皆が出雲大社を大切にしている事が感じられるのでした、神々の集まるところと言う事が本当だと感じました、こんな感じを感じる所は中々ありませんでした。

出雲と言えば出雲そば、食べ方にもルールが有るようですがとても美味しく頂きました。大社の周りの御土産屋さんも。毎月5のつく日には割引や、お店なりのサービスが有り,とても特をした感じがします、ここでは勾玉等の加工品が有名なようです。