未分類

偏頭痛にコマ体操が効く!?水を1.5リットル摂取する方法も効果的!?

更新日:

埼玉国際頭痛センターのセンター長である坂井文彦先生は、頭痛の研究をされている有名な日本を代表する名医です。そんな坂井先生が長年の頭痛研究を基に考案した片頭痛の改善法がコマ体操であり、指導した約7割の患者に効果がありました。コマ体操のやり方ですが、まず足を肩幅に広げて両腕を胸の高さまで上げます。そして肩の力を抜き上半身を左右に90度コマのように回転させます。この時に頭と首を支えている筋肉を意識して行うといいでしょう。この体操を片頭痛のしない時に、一日二回二分ほどすることを勧めています。ポイントとしては目線と下半身はそのままで、上半身を決まったリズムで動かすことと、笑顔でリラックスして行うことでより効果を得ることが期待できます。座ったままでもコマ体操をすることができ、まず座る時に床に足をしっかりつけます。両足を揃えて体がまっすぐ前を向くようにし、肩を交互に前に出しながら上半身を左右に回転させます。コマ体操が効果がある理由としては、腰や背中の脊椎を支えているインナーマッスルを鍛えることで、信号が頸髄神経から脳へ送られます。リズムに合わせて体を回転させることで、脳の痛みの回路にリズムに乗って信号が送られ痛み調整系のセロトニンが活性化するからです。

人間にとって水分は生命の維持には欠かせないとても大事な物質です。しかし日々忙しい日常生活に追われている私達はこのとても大事な水分を必要最低限摂取することを忘れがちになっています。そして水分が不足していることに気付いた時にはもう手遅れになってしまうことさえあります。では私達は一体どうすれば適量な水分を摂取することを習慣づけることができるのでしょうか。
人間が1日に最低限必要な水分の量は1.5リットルと言われています。1.5リットル摂取できなければ足元がふらついたりめまいを起こしたりあるいは脱水症状を起こし最悪死に至る可能性だってあります。1日に1.5リットルの水分を摂取するためには朝昼晩と食事を必ず取ることを習慣づけましょう。朝昼晩で500ミリリットルずつの水分を摂取することができれば1.5リットルは達成可能です。また食事の際には必ずコップ一杯の水を摂取するように心がけることも必要です。それだけではなく寝ている時も人間の体からは水分が蒸発していますので夜寝る前と朝起きた時にはコップ一杯の水分を摂取するようにしましょう。
もしめまいやふらつきが起きてしまった時には水分の吸収を早くするために少量の塩分を入れるかスポーツドリンクを摂取するのが良いでしょう。

めまい、といっても、原因や症状が色々あります。
その中でも最近、芸能人を引退まで追い込んだ、『メニエール病』という疾患についての、めまいの原因と予防についてを生活の参考にしてもらえたらとおもいます。

そもそも『メニエール病』とは、
抗利尿ホルモンが過剰に分泌されて、内耳に水が貯まり、引き起こされる病気で、体がグルグル回る感じがしたり、天井がまわる、目がまわる、といった症状が10分~数時間続いて、それを、何度も繰り返すのが大きな特徴で、それを何年にも渡って続いたりします。
ほかにも、耳鳴りや難聴、耳が詰まったような感じがする、といった症状も伴っていることが、多くの患者に見受けられます。
その、原因として生活環境によるストレスが指摘されています。

そんな『メニエール病』の治療は、生活習慣の改善と薬による治療をしていきます。
原因として、ストレスも関係があるとされているので、過労を防ぐため無理をしない、十分な睡眠をとる、趣味を楽しむようにしましょう。

その他の治療では、『水分摂取療法』があります。

これは1.5リットル~2.5リットルの水を毎日十分に摂取することと、ストレスの軽減をすることで、抗利尿ホルモンを抑制し、内耳の血液循環を改善される、と考えられたのが、水分摂取療法です。

-未分類

Copyright© あなたの気になる健康情報まとめ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.